My philosophy

Drunk night.
自分の写真を見せながら僕はこういう写真を撮るんだ,と言っていたら,それは君のphilosophyだねと.確かに言葉にすればそう云うことだ.
e0044158_2313977.jpg


e0044158_23132399.jpg


e0044158_23133714.jpg


e0044158_23134870.jpg


e0044158_23135980.jpg

釜山,水営(スヨン)ビーチ,広安大橋.
海雲台(ヘウンデ)とともに,釜山のビーチスポット.夜は更けても賑やか賑やか.
こちらの人々はパワフルである.

【こちらのお酒事情】
・ビール(メクチュ): 目にするのは,OB,Hite,Cassの三社.口当たりは軽く,東南アジア系.500cc程度の小瓶で出てくる.値段は日本よりやや安い.コンビニには日本のビール(スーパードライ)もあったが,向こうの人の話では高くてなかなか飲めないとのこと(今度送ってくれと言われた・笑).
・焼酎(ソジュ):こちらの焼酎は芋系(トウキビも)のやや甘口焼酎です.あまり強くはなく,口当たりも良いです.向こうの人は一気で飲みます.釜山でよく見たのはC1という銘柄.自分はチャミスル(いわゆる真露です)が飲みたいな〜と思っていたのですが,話に聞くと釜山ではほとんどチャミスルはなく,C1がメジャーだとか.日本の地酒みたいな地域性か.チャミスルのほうが甘みに癖が無く好みでした.
・マッコリ: ご存知,韓国のどぶろくです.どんぶりに入って出てきました(笑) 銘柄にもよるのでしょうが,日本でよく飲むものより甘みが抑えられていて少々ぴりっとしていました.好み.
・その他: 自分が飲んだ中では,他に高麗人参のお酒がありました.香りはきつめですが,これもまた一興.独特の風味でした.ソジュとハーフにして飲むのだとか.ちなみに高麗人参はこちらでは超一級の高級健康食で値段も高いです.日本人の口には合わないかもしれませんが,これを供してくれるということは,向こうからすると最上級のおもてなしです.
[PR]
by kiyo-kz | 2008-07-10 23:22 | cat.3 : 旅の途中で
<< Losing control ! 初夏黄昏 >>