夏の夜の夢 – ハノイ紀行

日本がまだ「夏」だった頃,ベトナムはハノイに行く.
ハノイはあらゆる意味で日本の夏を遥かに超えていて,もう何が何やら,嵐があっという間に目の前を駆け抜けたようだった.
次に記憶が戻ったのは関空の到着ロビー.
暫く寝起きのような虚無感が残った後,気がついたら日本は秋になっていた.
昨日の決勝戦試合終了で線香花火がポトリと落ちた気分である.

e0044158_13321924.jpg


e0044158_133304.jpg


GRD II
[PR]
by kiyo-kz | 2009-08-25 00:30 | cat.3 : 旅の途中で
<< エアポートの憂鬱 ファインダー越しに見る世界遺産 >>